ツンデレコーギー(オス)
オスだけど超ツンデレ  めったに笑顔は見せないくせに甘えんぼ  そんなコーギーとの日々の生活を綴ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 犬ブログへ←クリックよろしくお願いします m(__)m
先生、きっついなぁ~
コータは8歳になってもうしばらく経ちます。
それだけ年齢を重ねてきますと、
若い頃は病気とは無縁だったコータも、
いろいろと体調を崩しやすくなりました。

持病に関しては、今のところ進行していないので、
なんとか大丈夫なのですが、

この前の土曜日深夜、
コータはいきなり震えだして、嘔吐、そして下痢。

その次の日から、下痢に血が混じるように、
というか、ほぼ血が噴き出してる感じ…。

これはいかん!と思い、
連休明けの火曜に病院へ。
もちろん、コータはいつものとおり抵抗します。

まさか、先生にあんなことを言われるとは…(深刻じゃないです)。

081016a.jpg


先生に症状を話すと、便の検査。
とりあえず異常なし。

そして血液検査。

重大な問題は無かったのですが、
体内のどこかで炎症反応ありということで、
下痢止めと炎症を抑える注射を打つことに。

081016b.jpg


すると先生が
「この注射はちょっと痛いけど、コータくん我慢してね」と一言。

そこはまあ、プライドの高いコータですから、
その瞬間は痛がったりはしませんでした。

コータの腕に注射をし終えた先生が、
ぐっとこらえるように、
こちらが不安になってしまいそうな声で一言。

「それにしても…。本当に短いね…。」

それって、コータのてってのこと!?
そ、そんな…。今更そんなことを言われても…。

081016c.jpg

ひょっとしてコータって、
コーギーの中でも短いとか!?

注射と投薬のおかげで、
次の日から血は混じらなくなって、

今は結構元気も取り戻してきまして、
おもちゃで遊ぶようになって一安心。

原因はちょっとわからないのですが、
症状としては何か食べ物に当たった感じとのこと。

ボール遊びの途中で何か食べちゃったとか…かな。
そんなことは無いはずなんだけどな…。

もういい歳だもんなぁ。気をつけなきゃ…。

そして…今更だけど、もう少し手が伸びるといいね。コータ。
先生、そういう薬はありませんか?
スポンサーサイト
にほんブログ村 犬ブログへ←クリックよろしくお願いします m(__)m

テーマ:ウェルッシュ・コーギー - ジャンル:ペット

コータ恐怖におののく
わが街ではこの前の週末、少し遅い花火大会が開かれました。
我が家から程近いところで打ち上げるので、結構大きな音がします。

実はコータ、雷とか救急車とか、音に反応することはあまりないのですが、
花火の音だけはどうしてもダメなのです。
あの、破裂する感じの音が嫌なのでしょうか。

ボール遊びをして帰ってきて、車庫でブラシをしていると、
いよいよ花火大会が始まり、
最初の打ち上げ「ヒュー」という音が聞こえてきました。

080929a.jpg


その瞬間、
耳をピンと立てて音に注目のコータです。

でも、そのときはまだ、普通の顔をしていたのですが…。

080929b.jpg


花火が「パーン」と言って開いた瞬間、
あわててしまったのか、片方の耳だけを伏せて、
顔と口元がひきつります。

そしてその後、
「早く家に入れろ入れろ」と吠えまくりです。

写真で改めて見ますと、本当にひきつってるのがよくわかります。

080929c.jpg


お風呂場で足を洗うのですが、
お風呂場の窓が開いていて、花火の「パーン」「パーン」という
音がどんどん聞こえてきます。

もうコータは気が気じゃない様子。

足を洗い終わって、タオルで拭いてあげると、
なるべく聞こえないようにか、

部屋の奥のほうでじーっと固まっていました。

いつもは何事にも強気なコータですが、
花火だけは本当にダメみたいです。

けっして花火の音がするほうは見ず、
伏目がちに目を合わせないようにするところが笑えます。

花火と目を合わせるのが嫌なのかな…。

あの「パーン」という音を何だと思ってるのだろう。
にほんブログ村 犬ブログへ←クリックよろしくお願いします m(__)m

テーマ:ウェルッシュ・コーギー - ジャンル:ペット

ライバル出現!?
病院で、右手の親指の爪を処置してもらったコータ。
数日は結構痛がっていたのですが、
次第にあまり痛がらなくなり、
ようやく、新しい爪が少しですが顔を覗かせてきました。

そんな落ち着きを見せ始めたコータの前に、
新たなる敵(!?)が現れました。

コーギーと暮らしていますと、
どうしても気になるのが抜け毛ですよね。
もちろん、しょっちゅう掃除機をかけるわけですけど、
それでも限界が…。

というわけで、自動で吸い取ってくれるロボット掃除機…
は無理なので、とりあえず、
自動でゴミを吸着してくれる、
ロボットのような、自動お掃除名人なるロボット(?)がやってきました。

090910a.jpg


コータは箱を見るなり、
「これひょっとしてオモチャ?」という感じの
笑顔でこちらを見つめます。

いや…オモチャというより、敵かも。

箱から出すと、さらに不適な笑みを浮かべるコータ。

これはひょっとして遊ぶ気?

090910b.jpg

そして、いざ、スイッチオン!
するとお掃除名人は、「ウィーン」という音をたてながら、
床に散らばったコータの毛を、シートに吸着して動き回り、

これは、放っておくだけで床が綺麗になるなぁ…。

と思った瞬間。

090910c.jpg

コータが体当たり。
ガウガウいいながら、上に乗ったり、
鼻で突きまくりながら、
さらに爪でひっかき攻撃。

あーあ。

お掃除名人は、瞬時にして傷だらけになったのでした。

090910d.jpg


その後…。
わずか数日で、
なんかお掃除名人の動きが悪くなったような…。

このままいくと、
高いコータのオモチャとして終わってしまいそうです。

現在、お掃除名人が活躍しているのは、
コータが散歩に出かけている間のみです…。
にほんブログ村 犬ブログへ←クリックよろしくお願いします m(__)m

テーマ:ウェルッシュ・コーギー - ジャンル:ペット

涼しくなったと思ったら爪がバキ!
どうもお久しぶりです…。
約1ヶ月ぶりになりますね。

この夏の暑さに、コータも私もバテバテでして、
なかなかブログを更新することができず、
少し前に、ようやく涼しくなってきたので、コータと遊んで写真を撮るぞ!
と思った矢先。コータがやってしまったんです…。

部屋のなかで、小さなボールを使って投げて遊んでいると、
くわえて走ってきたコータが、サッシのところでいきなり「アヒー!」と悲鳴。

何事!?と思って、コータが必死で舐めている、右手を見てびっくり。

親指がプランプランしてる!

こ、これって…。

犬の親指は飾りみたいなものですから、まあ、
普段からオマケのように存在していますけど、
プランプランして、変な方向を向いている、そして血も…。

これはヤバイ…と思って、病院へ連れて行くと…。

実際には、爪が折れているだけということで一安心、もつかの間。

080826a.jpg

先生は患部をじっくりと観察すると、
「確かコータ君は、我慢強いよね?」と私に確認。

「はい…」と言うと、

なんと、麻酔も打たずに、
そのプランプランした爪を、少し動かし、少し動かし、その次の瞬間、
一瞬にして「ブチッ!」

その瞬間、これまで8年間、聞いたことの無いような、
「ウォォォォー!!」というコータの悲鳴が鳴り響きました。

確かに、麻酔は体に負担がかかりますからね。
これが最善の方法なのでしょう。本人が我慢さえできれば…。

080826b.jpg


これで、しばらく化膿止めの薬で抑えれば、
そのうちまた爪は生えてくるとのこと。

治療は終了です。

たぶん、これでまたコータは病院が嫌いになっただろうなぁ。

さすがに、まだジンジンと痛みがあるのか、
この日の病院帰りには、いつものように散歩の催促はありませんでした。

シュンとしてるコータも珍しい。

080826c.jpg


先生によると、親指以外については、
地面とこすれるので、特に爪の手入れはしなくてもいいそうなのですが、

親指だけは、伸びたらちゃんと切るようにとのこと。

そういえばここ最近、爪は切ってなかったなぁ。

飼い主の責任ですねこれは。ごめんね。コータ。

というわけで、しばらくの間、
ボール遊びといったこともできず、ブログネタも無かったので、
更新ができませんでした。

コータの右手の爪が生えて元気になったら、
また更新していきたいと思います。

よろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログへ←クリックよろしくお願いします m(__)m

テーマ:ウェルッシュ・コーギー - ジャンル:ペット

エアコンの魔法
暑い日が続いていますね。
今年は名古屋や岐阜が全国一の暑さを連日記録していて、
その間に挟まれた我が家はもう蒸し風呂。

暑さに弱いコータにとっては、辛抱が続く日々です。

でも、人間でもさすがにこの暑さはキツい。
ということで、エアコンを入れるのですが、

2階でエアコンを入れると、それを察知したコータは、
すぐに階段を駆け上がってきます。

080730a.jpg

そしてしばらくすると、お腹を丸出しにして、
仰向けに。

完全無防備です。

いつもなら、この状態でカメラを向けると、
「邪魔するなよ」
という感じでギロリとにらまれるのですが、

エアコンの気持ちよさにかなわないのか、
もう目はショボショボ。

080730b.jpg

そしてわずか数分で、寝息です。

やっぱり、連日36℃以上の日々では、
犬はなかなか熟睡できないのでしょうね。

だから、エアコンを入れると熟睡…。
いや、犬はそもそも熟睡はしないはず…。

080730c.jpg

エアコンをかけて、さらに扇風機で少し風を当ててやると、
もうコータは夢見心地。

こっちがカメラを構えようが、お構いなし。
完全熟睡モードです。

でも、犬ってやっぱり体を守ろうと防衛本能が働くのか、
長時間エアコンの部屋にいることはなく、
数時間すると出て行ってしまいます。

それにしてもこの熟睡モード。
無防備もいいところです。
にほんブログ村 犬ブログへ←クリックよろしくお願いします m(__)m

テーマ:ウェルッシュ・コーギー - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。