ツンデレコーギー(オス)
オスだけど超ツンデレ  めったに笑顔は見せないくせに甘えんぼ  そんなコーギーとの日々の生活を綴ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 犬ブログへ←クリックよろしくお願いします m(__)m
執拗に寝顔を狙ってみる
ひなたぼっこでお昼寝中のコータを撮るのは失敗しましたが、
それなら、夜眠ってるところを撮ってみようということで、
コータがハウスで眠っているところに、
そーっと近づいてみました。

しかし、コータのハウスにはカバーが掛けてあり、
それをどけないことには、
コータの姿を見ることはできず、
写真も撮ることはできません。

まあ、望み薄ですが、やってみましょう!

080203a.jpg


カバーをそーっとどかして、
カメラを覗き込んだ瞬間。

コータは何事!?とちょっと引き気味で、
のけぞりました。

その顔は、不満と疑問と不安が入り混じったもので、
普段のツンツンとは違ってちょっと面白かったのですが…。

080203b.jpg


写真を撮ろうとしていることがわかるや否や、
不満を全面に押し出して、
こちらにガンつけてきます。

それでも…とカメラでコータを狙っていたら、

080203c.jpg


とうとう、カメラから目線を外し、
本気のイライラモード。

「ふー!!」

と大きなため息を一つ。

はいはい、邪魔してすみませんでした。
寝顔はあきらめますよ!だ。

どうせ寝顔も怒ったような顔をしてるんだろうな…って、
寝る前に怒らせたのはこっちか…。

そんなイライラ顔をしながらも、
毛布に顔を置いているところが何ともおかしい。

やっぱり、毛布は気持ちいいんだろうなぁ。
この毛布はコータが子犬の頃から愛用してますから、落ち着くんでしょうね…。

そういえば、子犬の頃からこんな顔だよなぁ。。。。。
スポンサーサイト
にほんブログ村 犬ブログへ←クリックよろしくお願いします m(__)m
コメント
この記事へのコメント
やっぱり無理でしたか。そうですか。

かーちゃんも暗い部屋で寝てるときに
いきなり入ってきて電気をつけられたら
イライラっ!ってなります。
コータ君もそうだったんでしょうね。

子供の頃から愛用している毛布。
落ち着くんでしょうね!
アゴを乗せて、楽な姿勢なのかな。
ちょっと子供の頃のコータ君が見たくなっちゃった♪
2008/02/04(月) 00:37:52 | URL | さくのかーちゃん #-[ 編集]
私も子犬の時のコータ君みたーい!
うp!うp!ヾ( ̄0 ̄ゞ)( 尸ー ̄)尸

そういえばちょっと前に中居君がCMしてた
携帯でカメラ画像の見れるやつ
あれがあれば意外なコータ君が見れるかもですね♪
2008/02/04(月) 13:30:59 | URL | あんママ #Og9QlhnU[ 編集]
こんばんわ♪
コータさん。
そらそうですよぉ~。
それは、ツンツンですよぉ(笑)。
いきなり明るくなったら、驚くし、その上カメラを寝床まで入れてきたら、不愉快になる(爆)!
コータさんの、努力は、と~っても良くわかりますよぉ~。
「ふー!」ってため息。。。
これ、時々しますよねぇ!
そんな、鼻で思いっきりしなくてもぉ~。
って凹む時があります・・・。

大好きな毛布で、寝転ぶコータくん。
仔犬の頃から変わらない顔(?)でも、可愛いよぉv-238
2008/02/04(月) 23:25:21 | URL | taiga #-[ 編集]
コメントありがとうございますv-19

v-4さくのかーちゃんさん

そうですね…。ちょっと無理しちゃいました。
せっかく寝ていたのに、
コータには、悪いことをしてしまいました。
ちょっと反省です。

子犬の頃の写真はあまり撮っていないのですが、
探してみます。


v-4あんママさん

普段からコータのいるところに、
カメラを用意してはいるのですが、
なかなか決定的瞬間を撮るのは難しいですね。
子犬の頃のコータですか…本当に、
表情は今とあまり変わらないですよ…。


v-4taigaさん

ツンツンといいますか、イライラという感じでした。
やっぱり、無理強いはいけませんね。
あの「ふー」っていうため息って、
やっぱりため息なんですかね~。
確かに凹みますけど、
なぜそこでため息なのか、
気になっちゃいますよね。
2008/02/05(火) 22:10:36 | URL | コータ #5akkY.XI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。